読み込み中...

読み込み中...

「子どもシェルターぽると」とは

NPO法人子どもセンターぽるとは、2014年12月より、
養育放棄や虐待などで「今日泊まる場所がない」という
子どもたちが羽を休めるための場所として、
新潟で「子どもシェルターぽると」を運営しています。
私たちは、まわりのおとなからの適切な支援があれば、
子どもたちが子どもたち自身の力を取り戻し、
次のステップへのスタート地点に立つことができるという考えに基づき、
子どもたちを支援します。

※「NPO法人子どもセンターぽると」は、子どもシェルターぽるとを運営する団体です。

設立趣旨書〈2014(平成26)年 1月21日 設立総会にて承認〉(554KB)





沿革

「NPO法人子どもセンターぽると」は、
2013年4月より新潟県弁護士会の「子どもの権利委員会」の有志が中心となって
子どもシェルターの運営主体となるNPO法人の発足に向けた準備を開始し、
2014年12月新潟県で初となる子どもシェルターを開所しました。

2013(平成25)年 4月25日 第1回設立準備会会議開催
6月20日 第2回設立準備会会議開催
8月 2日 岡山県の子どもシェルター「モモ」の視察
8月22日 第3回設立準備会会議開催
9月25日 第4回設立準備会会議開催
10月28日 第5回設立準備会会議開催
12月 2日 第6回設立準備会会議開催
2014(平成26)年 1月16日 第7回設立準備会会議開催
1月21日 設立総会開催
4月19日 シンポジウム「帰る場所のない子どもにシェルターを!」開催
6月27日 特定非営利活動法人(NPO法人)子どもセンターぽると成立
12月 1日 子どもシェルター「ぽると」開所
2015(平成27)年 5月24日 平成27年度 定期総会
6月6・7日 ボランティア養成講座開催
11月7・8日 ボランティア養成講座開催
2016(平成28)年 5月22日 平成28年度 定期総会
7月2・3日 ボランティア養成講座開催
10月29・30日 ボランティア養成講座開催
2017(平成29)年 5月21日 平成29年度 定期総会
6月10日・11日 ボランティア養成講座開催


理事長あいさつ

子どもたちの生命身体の危機
平成27年度中に、全国の児童相談所が児童虐待として対応した相談は、10万3000件を越えました。また、新潟県内の児童相談所が対応した児童虐待相談は、1438件に増加しているのです。
家庭内虐待で、子どもの生命身体に危険があるため、家庭から一時的に離し、保護を必要とするケースは、年々増加しています。自立に失敗し施設に帰ることもできない子ども、若年で妊娠して家を飛び出した子ども、交際相手から暴力を受けた子どもなど「安心して泊まる場所が無い」という子どもたちが多くいます。
NPO法人子どもセンターぽるとは、このような子どもの救済を目的としています。

3年目を迎えた子どもセンターぽると
子どもセンターぽるとは、平成26年6月27日法人認可され、同年12月1日にシェルター施設の開設をしました。女子施設として出発し、現在(平成28年3月末日現在)までに20名を超える女子が利用してきました。
虐待通告された案件の多くは、不適切な養育のため家庭から一時的に引き離す、一時保護の対象とされています。児童虐待の絶対数が増加している近年、地域によっては、児相の定員を超過して一時保護を実施せざるを得ない状況もあります。児童福祉法上の18歳年齢による適用制限もあり、同じ施設内に一緒に保護することが適切でない事案もあります。
このようにして、子どもシェルターは、法律上は福祉施策の対象からはずされ、それでいて子どもの自立にとって不可欠な児童福祉施策をカバーしているのです。カバーしている施策の範囲は、ひろくはありませんが、困難を抱える子どもの福祉施策の重要な一部を担っているのです。

行政の理解と市民の善意で
NPO法人子どもセンターぽるとは、児童福祉法上の福祉施策の実現を目的としており、行政の措置費と一般の寄付によって運営されています。また子どもシェルターは、心身に暴力を受けた女子などを対象とした救済施設ですので、施設の場所などは公にしておりません。
子どもセンターぽるとのことはできるだけ知って欲しいし、是非寄付のご協力をいただきたいのです。姿を隠して寄付を求めることは、難しい要請ですが、施設の目的を理解していただき是非ご協力をお願いいたします。

平成29年4月20日
理事長 足立定夫



NPO法人子どもセンターぽるとの役員のご紹介

理事長 足立定夫  (弁護士)
副理事長 新田初美  (小児科医)  
近藤明彦  (弁護士)
理事 大田修一  (家庭問題情報センター新潟ファミリー相談室代表)
計良春子  (元新潟県福祉行政職員)
草間真由美 (NPO法人子どもの虐待防止ネット・にいがた代表理事)
石附幸子  (NPO法人子ども・人権ネットCAPにいがた理事)
髙野善晴  (児童養護施設新潟天使園施設長)
小池由佳  (新潟県立大学准教授)
水内基成  (弁護士)
内山 晶  (弁護士)
黒沼有紗  (弁護士)
中川雅博  (弁護士)
鈴木麻理絵 (弁護士)
監事 三部正歳  (弁護士)  
二宮淳悟  (弁護士)


いますぐ支援する